知床の流氷を求めて①

年始にお仕事でご一緒し、

意気投合した旅人さんとランチを食べている時。

ふと、

「一生に一度は流氷を見てみたい」

というワタシの密かな野望を呟いてみたところ、

「来月行くよ!日程合わせてくれるなら連れてくよ!」

という奇跡のオファーが(≧▽≦)

日程を聞いてみると、

2/21~2/23の2泊3日とのこと。

中日の22日はちょうどワタシの誕生日・・・。

これは神様が与えてくれた誕生日プレゼントなのか・・・!?

「行きます!!!」

とその場で即答し、

今回の知床旅が決定したのであります。

旅人さんは毎年流氷を見に行くほどの流氷マニア。

現地でのアテンドは任せとけ!

的な頼もしすぎるお言葉をいただき、

ワクワクと出発の日を待っていたのであります。

そして昨日2/21。

到着予定の釧路空港周辺は強風大荒れのお天気。

着陸できない場合は羽田空港に引き返します

というアナウンスのもと離陸。

着陸態勢に入ってからの飛行機は

かつて経験したことのないくらいの揺れで、

これは羽田へリターンかな・・・、

と思いはじめたころ

機長さんのがんばりでなんとか着陸!

ホッと胸をなでおろし

釧路駅行きの路線バスに乗り込みました。

が、ここからがまた大変!

釧路駅にてバスを降りた途端に台風並みの強風に煽られ

その上、歩道は凍った雪でツルンツルンだったのです。

釧路駅から徒歩1分の距離にあるホテルに向かう途中

何度転がりそうになったことかわかりません 笑

(実際、1度転んだ)

おばあちゃんのような速度で歩きつつ、

「本日釧路のどこかを観光するのは無理だ」と悟る。

うむ、、、

今日のところはホテルでおとなしくしといて、

明日からの旅程に備えて早めに寝よう。

そして2/22、

釧路の天気は~・・・、

晴れ!

駅前のチャペルが青空に映えてるぞ、と。

これからの長距離ドライブにむけ、

北海道のコンビニといえば!のセコマでおやつを買い込み

いざ鶴井村へ!

釧路から車で1時間ほどの場所にある鶴居村では

丹頂鶴を見られるらしい。

今回の旅のプランは全て旅人さん任せなので

ワタシは黙って従うのみ。

いつも自らプランを考えている身としては

こんなに楽でよいのだろうか!?といったかんじです。

さて、

釧路湿原を抜け、

到着した鶴井村の様子はというと、

うむ!

良い天気!

昨日の強風のなごりが少々ありますが

飛ばされて転がることはなさそうだ。

ここは「伊藤タンチョウサンクチュアリ」といって

丹頂鶴たちの給餌場となっている場所です。

真っ白な雪原の奥を見てみると、

丹頂鶴さんたちがたくさんいた!

鶴は基本、つがいで行動するそうです。

ゴハンを食べ終わったばかりなのか、

みんなかなり活発に動いていました。

奥の方では求愛のダンス中の2人。

そしてこのコは・・・、

もしやワタシに求愛をしてくれているのか!?

コチラの方向をガン見しながらしばらく踊ってくれていました。

鶴って感情表現がとっても豊か。

優雅に空を飛ぶ姿も撮影でき、

つがいでの飛行もバッチリカメラにおさめました!

いや~、もう朝から幸せすぎる。

こんなに素敵な光景を惜しみなく見せてくれる北海道よ、

そして隣でシャッターきりまくっている旅人よ、

本当にありがとう。

丹頂鶴を見られただけで大満足してしまい

本来の目的(流氷)をすっかり忘れてしまいそうになりました。

鶴を見た後は、

「温泉白鳥」なるものを見に

屈斜路湖へ。

温泉白鳥とはなんぞや・・・?

と思いながら湖へ向かって歩いて行くと、

湖畔に湧き出た温泉に浸かっている白鳥たちがいました。

なるほど白鳥もあったかいお湯に浸かりたいのか。

白鳥たちが浸かっている湖畔温泉のすぐ脇に、

人間用の露天風呂もありました。

露天風呂っていうか、

湖畔に簡素な囲いがしてあるだけの

ほぼ外!という

ハードボイルドなお風呂だったので

「この時期に入る人いるの!?」

と思ってチラ見してみると、

男性が一人、浸かっていました。

この寒さの中、服を脱ぐ勇気よ。

あっぱれ・・・!

ちなみに釧路、鶴井村は晴天でしたが、

屈斜路湖に向かう途中から雲が出始め、

時折りふいてくる強風に粉雪が舞い上げられて視界が真っ白になる

ホワイトアウトという現象を初めて経験しました。

やっぱり真冬の道東の運転はワタシには無理だ。

「試しにちょっと運転してみる?」

と聞かれ、即座に

「してみなくて大丈夫。」

と答えたら爆笑されました(汗

 

 

温泉白鳥を見たあと、

我々一行は知床半島を目指し北上することに。

本日泊まる予定のゲストハウスは

知床半島の東南側、「羅臼」にあります。

実は昨日の時点では積雪と強風のため

羅臼まで行く道が通行止めになっていました。

もしかしたら知床には行けないのかもなぁ

と覚悟していたのですが、

本日の朝には国道が通行できるようになり、

なんとか予定通り到着できそうな雰囲気に。

 

 

途中、

知る人ぞ知る地元の名店にて

なにやら超美味しいクラブハウスサンドを食べ、

更にもう1ヵ所寄り道するぞい!

と、

知床半島の少し下にある「野付半島」へと車を走らせました。

野付半島では、野生のシカたちを見られるらしい。

半島に入り、どれどれ?と目を凝らしていると、

いた~!!!

チョット遠いけど!

雌のシカの群れを発見しました!

そしてもう少し奥へと進むと、

雄の群れも発見!

「目線くださ~い!」と言うと、

本当にこちらを向いてくれました。

かわい♡

鹿は雄と雌、別々に群れて行動するんだって。

キツネちゃんは臆病なのか、

近付こうとすると秒速で遠くへ逃げてしまいました。

その他オオワシやなんかも飛んでいたのですが、

写真にはおさめられず。

野鳥を撮影するのって難しいのね。

遮るもののなにもない半島は風が強く極寒で

すっかり身体が冷え切ってしまったので

本日の撮影はこのくらいで切り上げて

羅臼の宿を目指すことに。

可愛らしいお部屋にテンション上がりつつ

なんかオシャレなディナーコースをいただく。

そういえばあまりに楽しすぎて忘れていたけれど

本日誕生日だった。

初めてみる冬の道東の素晴らしい景色と

美味しいゴハン。

最高の誕生日を過ごせたみたい。

明日晴れるかな。

晴れて流氷を見られるかな。