2019年 旅納め

今年、2019年は

いろいろと新しいことにチャレンジした一年でした。

年の初めに奄美大島へ行き、

たくさんの素晴らしい景色を見たことから

絶景を紹介する仕事に就きたいと思い、

トラベルライターの仕事を志し、

ようやく最近になって

自身のライターネームが載るようなお仕事を

いただけるようになってきました。

 

奄美大島に行ってよかったなぁ。

旅を仕事にすることができて幸運だなぁ。

 

なんてことを思いつつ、

2019年の年の瀬にどこ行こうかな?

と考えた時に真っ先に思い浮かんだのが千葉県の

『江川海岸』

でした。

ワタシ、埼玉在住なのですが

千葉県が大好きなのです。

 

特に「日本のウユニ塩湖」と呼ばれた

「江川海岸」がとても好きだったのですが、

最近になって江川海岸の象徴である

海中電柱が撤去されてしまいました。

もともとはアサリ密漁の監視小屋へ

電気を送るための送電線だった海中電柱は

現在では使用されておらず、

将来的には撤去される、ということは知ってはいたのですが・・・。

こんなに早く撤去されるとは思っていなかったので

「またあの景色が見たいなぁ」

と思いつつも行くのを先延ばしにしていました。

なんてこった!

「見たい」と思った時に行動に移さなければ

いつまでも同じ景色が見られるとは限らないのに!

 

と、後悔の思いでいっぱいのワタシに

ある日、相方が朗報を持ってきてくれました。

 

江川海岸には電柱はなくなってしまったけれど、

近くの久津間海岸にはまだ海中電柱が残っているらしいよ。

 

と。

 

電柱のなくなってしまった江川海岸も見てみたいし、

久津間海岸にも行ってみたい!

ということで、2019年の旅納めは

千葉県の木更津に決定したのです。

 

以前はこのような景観だった江川海岸は、

電柱がなくなり、殺風景な印象になっていました。

以前は撮影する人たちで賑わっていたのに、

今は我々の他には人影もなくヒッソリとしています。

看板倒れちゃってるし(ToT)

江川海岸から対岸に向かって右側に

久津間海岸の電柱らしきものが見えます。

行ってみよう(=゚ω゚)ノ

 

久津間海岸の駐車場は広々としています。

そしてココにも人影なし。

 

もしかして年末だからなのかな!?

とようやく思い当たる(・∀・)

普段はもっとたくさん人がいるのかもしれません。

海岸手前に鳥居がポツンとありました。

そしてコチラが久津間海岸の景観です。

江川海岸よりもなんか木の棒とかがたくさんあって

少しゴチャついた印象。

夕陽の方向を見るとこんなかんじ。

東京湾は曇っていても雰囲気のある写真が撮れるのが

素敵なところです(・∀・)

今日はほとんど風が吹いていなくて

海は今まで訪れた中で一番凪いでいます。

これでもう少し雲がなかったら絶景かも。

江川海岸に続き、久津間海岸も好きになりました。

来年もきっと来てしまうのだろう。

千葉県は今日もとても綺麗でした。

年の瀬に良い旅ができてよかった(^^)

 

2019年も残すところあと一日。

みなさま、良いお年をお迎えください。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。