『関東のモネの池』!?出流原弁天池へ

今年の梅雨は、雨降りの日が多い。

ワタシの地元・埼玉県の今月の日照時間は

合計でまだ30時間くらいしかないらしい。

お出かけしたいけど、

近場で曇り空でも映える場所ってあるかなぁ?

と探してみたところ、

栃木県にものすごく綺麗な湧き水でできた池がある

という情報をキャッチ!

しかもその池の近くには

「千と千尋の神隠し」に出てきそうな

神社があるみたい。

よし、

今日のお出かけは栃木県に決まりだ!

さて、

やってまいりました(・∀・)

こちらは栃木県佐野市にある

『出流原弁天池』

でございます。

あまり観光地化されていないような

言ってしまえばただの池?みたいなかんじなので

土曜日なのに人はまばらです。

でもこの美しい緑色!

昨年に岐阜県で見た

『モネの池』

と似た雰囲気があります。

古生層石灰岩の層でろ過されたコチラの池の水は

驚くべきほどの透明度!

鯉が浮いて見えるでしょ(・o・)

出流原弁天池は

「ふるさと佐野100選」の他

「名水百選」にも選ばれているそうです(^^)

もしかしたら晴れている日は

もっと池の色が鮮やかなのかもしれないけど、

ドン曇りの今日でもじゅうぶん美しい~!

雨上がりに靄が出てきて、

こんな幻想的な写真も撮れました(・ω・)ノ

これはきっとお天気の日には撮れない写真!

靄がかかった池の中を泳ぐ鯉たちも素敵です。

これは思った以上に「映える」写真が撮れたぞ

( ̄ー ̄)ニヤリ・・・

そして出流原弁天池のおとなりには

「千と千尋の神隠し」的雰囲気の神社

『磯山弁財天』

があるのです。

それがコチラ!

鮮やかな朱塗りの社殿が目を惹く神社です。

確かに千と千尋の神隠しに出てきそう!

鳥居から続く130段の石段をのぼって行くと、

奥に見える本殿に辿り着けます。

130段( ̄ー ̄)

山形の山寺で800段超の石段をのぼったワタシ、

ここはヨユーの表情でのぼり始めます。

よいしょっと・・・。

雨上がりで石段が濡れているので

足もとに注意しながらのぼる。

こちらの鐘があるあたりで振り返ってみると

こんなかんじ。

わりかし急な石段です。

本殿にのぼる石段の下には手水舎があり、

手水舎と反対側の奥の方には

お金を洗うと何倍にも増えて戻ってくるといわれる

銭洗水的なものがあります。

とりあえず我々もお賽銭を入れてみる。

ちなみに本殿へ行く石段とは別に、

このような階段が山の上まで続いていました。

山をグルリとまわって、

先ほどいた池のあたりまで下りて行けるみたいですが、

ここはスルー 笑

さて、

いよいよ本殿まで行ってみます!

崖の上に造られた本殿は、

宙に浮いているみたいに見えます。

そして眺めがスバラシイ!

本殿裏を見てみると、

むき出しのゴツゴツとした岩が!

この神社、1000年以上前に造られたらしいんだけど・・・。

こんな不安定な場所にあって

崩れたりしないのかしら?

多少不安になりながらも

とりあえずお詣り(^^)

高所恐怖症の相方は

本殿から下を見るとガクブルな様子 笑

無事にお参りをすませ、下山。

やはり130段の石段はヨユーであった。

神社から戻ったあとに、

佐野名物らしい「いもフライ」を食べたよ。

ホクホクのジャガイモが美味なり。

 

 

出流原弁天池は、佐野アウトレットから車で25分くらいなので

セットで観光してもイイかもです。

あ~

早く梅雨明けないかなぁ~!!!