仙石原のススキ草原

関東の絶景スポットとしては定番の

『仙石原のススキ草原』

(・∀・)

実はワタシは過去に2回ほど行ったことがあるのですが

1回目は夕暮れ時の到着を目指していたものの

時間を読み間違え着いたのは日没・・・。

真っ暗でススキはぼんやりとしか見えず、

満を持して向かった2回目は

ドン曇りな上に寒くて寒くて

ススキをチラ見して帰宅・・・。

という有り様だったので

いつかリベンジするぞ!と思っていたのです。

そしてついにリベンジの時がきた!

過去2回はバスで向かった仙石原

(免許持ってなかった)、

今回は愛車タントでビューンと向かいます

(・ω・)ノ

 

 

高速道路を走っている最中、

久しぶりに富士山が姿を現してくれました。

今年は山梨、静岡方面に出かける時に限って曇っていて

富士山全然見えなかったもんな~!

今日は芦ノ湖からの富士山を見ることができるかも!?

 

で、仙石原付近の

『箱根神社』

に着いた時には・・・、

なぜかドン曇りに(´-ω-`)

ドン曇りどころか

雨が降っておる・・・。

う~む・・・。

やはり今年は富士山に縁がない年なのか・・・。

ひとまずお参りを。

ここでも「健康」を祈願。

ちなみに箱根神社は芦ノ湖の湖畔に

ものすごく大きな鳥居があり、

「映えスポット」として大人気なのです。

我々も湖畔まで行ってみたのですが、

写真を撮るために長蛇の列(平日だというのに!)。

みなさんが見ている前で

ポーズをとって写真撮影をする趣味はないので

早々に退散。

そして本日のメイン「仙石原」へと向かうことに。

コチラが仙石原ススキ草原です(・∀・)

道路の両脇にススキ草原が広がっています。

写真向かって右側の草原には

ススキの間を縫うように遊歩道が完備されていて

自分の背丈よりも高いススキの間を散策できるようになっています。

せっかく仙石原に着いたのに

小腹が空いた我々は甘味屋さんに寄り道してしまいました。

なぞの置物やらススキやらが飾ってある店内でいただくのは

甘酒のセットとお汁粉のセットと

追加の草団子(≧▽≦)

どれも美味しく

そして腹いっぱい 笑

腹ごしらえは大事だからね!

さて、

お腹があたたまったところで

ススキ草原を歩いてみましょう。

曇ってはいますが、

絶景の本で度々取り上げられるだけあり

美しい眺めです。

遊歩道は上り坂となっていて、

終点まで歩くと軽くハイキングをしたようなかんじになります。

絶景ですね~!

晴れていればなお素晴らしい眺めなのでしょう。

この絶景を見られるのは毎年10月から今ごろまでの

ごくわずかな期間。

次回は10月半ばくらいに来て

少し緑が残っているくらいの若いススキを見てみたいな♪

ススキを見たあと、

せっかく箱根まで来たのだから、と

『彫刻の森美術館』

に寄り道してみました。

ですが到着したのが閉館30分前。

ゆっくり観賞するなら2時間くらいかかる美術館を

わずか30分で見て回れるわけもなく、

一度見てみたいと思っていた

ステンドグラスの螺旋階段へ一直線に向かい、

暗くなりかけでしたが写真を撮ることもできました。

美しい~!

日中の明るい時にまた見てみたい!

ワタシは螺旋階段の写真を撮れただけで満足だったのですが、

係員のオジさんに階段を上ってみるか聞かれた相方が

高所恐怖症のくせにのぼってみることにした様子。

ナゼ(・∀・;)!?

そして案の定、

階段を上っている最中に

へっぴり腰で

「今年一番の苦行だ・・・」

と言い出す始末 笑

こんな足元がスカスカの螺旋階段、

怖いに決まってるやん!

そしてワタシはというと、

案外長く続く階段に疲れ

脚がプルプルしてきて転がりそうになる始末。

せっかく到着した屋上でも閉館時間が近いため

ゆっくり景色を観賞する暇はなく、

係のオジさんにせかされるように

速攻で階段を降りる我々。

こんな素敵な螺旋階段で

今年一番の苦行を経験した相方は

今何を思っているのだろうか・・・。

 

 

気を取り直して夕ご飯を(・∀・)

お蕎麦屋さんなのになぜか内装が地中海風な

『九十九』さん

にて

豆乳のおつゆに湯葉とお蕎麦が入ったオシャレなお料理と

じねんじょ入りのお蕎麦セットを堪能。

豆乳のお蕎麦には明太子が添えられていて、

おつゆに明太子を溶かして食べると

これまた美味!

女性に好まれそうなお味でした(^o^)

 

 

ちなみに誰もいない夜の箱根神社の大鳥居で

記念撮影もしてきたよ(・∀・)

夜の湖畔は風が強くてとっても寒いから

もし行く場合はしっかり防寒してくださいね♪